ななめの目

世の中の色々な事どもを斜め目線から切りつけます。仕事のこと、エホバの証人二世の話題、底辺高校の話題など。読者登録して頂いた方は相互でさせてもらいます。


人気ブログランキング

スポンサーリンク

お名前.comでWhois代行を忘れたら英語の営業メールが山ほど届いたので、Whois代行は忘れずにという話

 

こんにちは。ななめのめです。

土曜だけど深夜の0時40分です。

今は土曜なのか日曜なのか。

まだ土曜だと信じたい。

信じさせて。

 

先日ドメインを登録しようとしてお名前.comで登録しました。

あれだけ色々なところで注意を促されているにも関わらず。

やってしまったんです。

Whois代行のチェックをせずに登録をしちゃいました。

 

個人情報はあっという間に世界に広がります。

すごい威力です。

「今から自分のホームページを作ろうとしている〇山〇男です」

「住所とメアドはこちらになります」

こんな感じで世界に広がるわけです。

もう死にたくなる・・・。

 

すると来るわ来るわ。英語のメール。

 著作権があるので一部しか見せられませんが、こんな感じのメールがわんさか。

 

f:id:nanamenome:20170903010505g:plain

インド!?

インドの人が本当にうちのバリバリ日本語オンリーのページをいい感じにしてくれるの!?

試しにちょっと頼んでみようかな・・・。

 

 そのほかにも「30ドルでロゴデザインをします」とか、「ドメインを取得したあんたはクールガイだからうちでホームページのデザインをしろ」とか、いろいろなメールが英文で来ます。2日ほどで合計10通くらい来ました。

ちなみに日本からのメールは来ません。

 

そういう意味で、日本はまだまだ遅れてるのか、それとも善良なのか。

スポンサーリンク