ななめの目

世の中の色々な事どもを斜め目線から切りつけます。仕事のこと、エホバの証人二世の話題、底辺高校の話題など。読者登録して頂いた方は相互でさせてもらいます。


人気ブログランキング

スポンサーリンク

会社員とフリーランスの心構えの違いについて~フリーで成功するには特徴を出せ、会社員で成功するには個性を捨てて会社と上司のスポークスマンになれ~

ななめのめです。

フリーランス、いいですね。

何が良いってひびきが良いです。

「サラリーマンです」って言うよりも「フリーランスです」って言う方が絶対かっこいいです。

だって、フリーであるということは、すなわち自分の力で生きているということですもんね。

サラリーマンは一人ではお金を稼げないからサラリーマンなのです。「いや、俺だけは違う。俺は会社に稼がせてやっているんだ」などと思う人は、ぜひ独立して今の給料より稼げるかどうか、試してみましょう。

サラリーマンはどんなに出世しようが、業績を挙げていようが、所詮は「歯車の一人」です。大きな歯車か、小さな歯車かというだけです。歯車はシステムに組み込まれているから回れるのです。システムから外れ落ちたらただのガラクタです。

自分もサラリーマンなので、暗い気持ちになってきました・・・。

 

ただ、フリーランスは大変です。

アフィリエイトでもブロガーでもイラストレーターでもフリーライターでもどれも大変そうです。

会社員なら普通に出勤していればとりあえず給料がもらえます。

でも、フリーだと普通にしているだけではどんどん仕事が無くなるでしょう。

それはそうです。

だって、誰だって、できればフリーで働きたいわけです。フリーの人たちはその立場を維持したり、向上したりするために努力したり勉強したりしているわけですから。

 

どんな分野であれ、フリーランスで一定の成功を得るためには何かしらの特徴が必要だと思います。

あの人じゃないと出来ない何か、あの人じゃないと困る何か、簡単に真似のできない何か、そういったものが必要です。

誰だってできるような仕事は、どんどん単価が下がります。

内職なんてそうですね。

うちの母は電気部品をつなげるような内職をしていました。

子供の私でも手伝えた、簡単な仕事でした。

時給換算で100~200円くらいです。

だれでもできる仕事は価格勝負になります。

そうなれば今度は「素早く数をこなす」特徴が必要になるだけです。

それができなければまともに稼げなくなります。

 

f:id:nanamenome:20170905211418j:plain

会社員にとって個性は邪魔なだけ 

一方で会社員はどうでしょう。

会社でも。個性を出した方が良い、自分の意見を主張する方が良い、そう言われることが多いです。実際多くの会社内で、そのように言われます。

でもこれは誤解です。

誤解を恐れずに言いますが、誤解です。

会社員として評価されたり、出世したりしたいのであれば、自分の意見や個性はいりません。そんなものはあなたの上に誰もいなくなるまで大事に温存しておきましょう。

 

それよりも上司が何を言っているか、会社が何を言っているか、注意深く耳を傾けて「あたかも自分も偶然同じ意見でした」とばかりに上司や周囲の人にスポークスマンとして言いまくりましょう。

上司の言うこと、会社の言うことを周囲に「解説」するつもりで話しましょう。

好きな意見を言いなさいと言われたら「上司が言いたいこと」「会社の方針」を述べましょう。

好きなことを言いなさいと言いながらも、上司や会社はあなたが「自分の考えを理解しているか」を見ているのです。

 

スポンサーリンク