ななめの目

世の中の色々な事どもを斜め目線から切りつけます。仕事のこと、エホバの証人二世の話題、底辺高校の話題など。読者登録して頂いた方は相互でさせてもらいます。


人気ブログランキング

スポンサーリンク

働くのはすごいこと

f:id:nanamenome:20170916120301j:plain

ななめのめです。

サラリーマンって大変ですね。

サラリーマンやってる人の大半は仕事なんて好きじゃないでしょうから。

仕事が好きなんて言える人は、自分の好きなことを仕事にしているフリーランスの人か、運良く好きな仕事でサラリーマンやってる一部の人だけでしょう。

でも、サラリーマンだと例え好きなことを仕事にしていても、ムダな会議だったり、根回しだったり、社内説得のための資料作りだったり、なんやかんやと面倒な仕事が入ってきます。

そういう意味でも、サラリーマンで仕事の全部が好きで好きでたまらないという人はまれでしょう。

 

私の父はめちゃくちゃな人間だったので、元々はサラリーマンでしたが、クビになりました。自主退職じゃないです。クビです。解雇。

しかも、普通なら絶対に社員をクビになんてしないような、古くからの大企業です。

理由は勤務中にパチンコ行ったり昼寝したりして働かないから。

 

 

母への暴力や、借金のこともあるので、父のことは今でも大嫌いです。

でも会社をクビになってしまったのはなんとなく許せます。

理解できます。

労働時間は長すぎる

だって一日8時間以上も働くとか、無理だし(やってるけど)。

眠い時は昼寝したいし、息抜きだってしたいし。

 

健康は睡眠時間は、7時間くらいと言われます。

すると一日のうちで起きてる時間って17時間しかないんです。

 

でも朝の支度、通勤、残業、合わせたら多くの人が軽く10時間以上会社に拘束されてます。

起きてる時間の3分の2です。

 

多いんです。

昔からそうだし、みんな慣れてるから何も思いません。

でも、多いものは多い。

父はその異常さに耐えられなかったのだと思うと、なんとなく共感はできます。

 

一日8時間働き続けられるっていうのは当たり前のようですが、本当はそれだけですごいことだと思うのです。

だって、うちの父のようにそれに耐えられない人はたくさんいるからです。

例え仕事ができなくても、会社で窓際でも、仕事らしい仕事がなくても、毎日会社に行って一日8時間以上働いているだけですごいことだと私は思います。

 

本当は好きな仕事で独立できるのが一番ですが・・・。

スポンサーリンク