ななめの目

世の中の色々な事どもを斜め目線から切りつけます。仕事のこと、エホバの証人二世の話題、底辺高校の話題など。読者登録して頂いた方は相互でさせてもらいます。


人気ブログランキング

スポンサーリンク

会社を辞めてフリーランスになったらどれだけの収入が必要か、我が家の家計を例に計算してみた

f:id:nanamenome:20170922000746j:plain

会社・・・辞められるものなら辞めたいですね。

会社勤めというのは基本的に会社と「奴隷契約」を結んでいる状態です。

海外の僻地だろうが、南極だろうが、辞令1枚で行かなくてはいけません。

一日中草むしりをしろと言われたらそうするしかありません。

 

会社が嫌な理由は他にもたくさんあります。

それはまた別の機会の書くとしまして、じゃあ今の収入とか家計から考えて、会社を辞めるためにはどれくらいの収入が必要なのか、計算してみました。

 

私が現在会社から受け取っている手取り収入。

月額:35万円

ボーナス:70万円

と言ったところです。

手取り収入なので、年金、税金、健康保険料などは差し引かれています。

 

そして毎月の支出はこんな感じです。

住居費:9万円

食費:6万円

外食費:2万円

教育費:4万円

光熱費:2万円

通信費:2万円

保険料:1万円

雑費:2万円

貯蓄:3万円

夫婦小遣い:4万円

その他車の税金、保険、家電の買い替えなど大きな物や、もろもろの雑費はボーナスから補てんしている状態です。

収入としては十分だと思っていますが、余裕はありません。

特に無駄遣いしているつもりは無いのに、余裕が無いというのは恐ろしいことです。

 

ボーナス分も含めると、毎月の手取り収入は約47万円となります。

これをフリーランスで稼ぐためには一体いくら稼がないといけないのでしょうか?

 

 

例えばアフィリエイト電子書籍、物品販売などなどで、必要経費を差し引いた利益が月に60万円あったとします。

すると年収は額面で720万円となります。

まず毎月の支出です。

基本的には国民年金、健康保険料、所得税、住民税の4つが大きな支払いになります。

あとは消費税とか、事業税とかが必要になる場合があります。

 

国民年金夫婦二人分:16490円×2=毎月32980円 年間395760円

(収入にかかわらず一定です)

 

健康保険料:毎月74166円大阪市の例)年間890000円

(各市町村に計算方法が記載されています。大阪市の場合は↓)

www.city.osaka.lg.jp

 

所得税

720万円ー(38万円(基礎控除)+129万円(社会保険料控除)+38万円(配偶者控除)+65万円(青色申告控除))=450万円

450×0.2(税率)=90万円ー42.75=47.25万円

毎月39375円。

収入(=課税所得)によって変わります。

No.2260 所得税の税率|所得税|国税庁

 

住民税

450×0.1(課税所得の10%)=45万円

毎月37500円。

原則課税所得の10%です。

 

毎月の支払金額は合計で18万4021円です。

つまり毎月の手取り額は60万円の収入に対して、約41万6000円です。

毎月60万円も稼いでいるのに、税金や保険料を払うと40万円ちょっと、ボーナス分も考慮すると、会社員時代より少し足りません・・・。

 

結局、会社員時代の手取り月収(ボーナスも12分割した合計です)47万円相当を稼ごうと思うと、年間約800万円くらいの額面収入が必要であるということになります。

毎月67万円です。

フリーでこんなに稼げるわけがない・・・。

 

 

会社員としての額面年収はもちろんこんなにありませんので、会社員は税率、保険料などの面でかなり恵まれているということになります。

しかも会社員であれば厚生年金もありますので、将来受け取る年金も多くなります。

 

ただし、フリーであれば経費の計算がかなり自由になります。

その点で節税の幅は広がると言えます。

それでも厳しい世界ですね。

 

アフィリエイトで月100万円というと、夢のような大成功や大金持ちのように見えますが、実際には年収1000万のサラリーマンに匹敵するかどうか、くらいのイメージですね。

 

ふう・・・まず生活費を下げないと・・・。

スポンサーリンク