ななめの目

世の中の色々な事どもを斜め目線から切りつけます。仕事のこと、エホバの証人二世の話題、底辺高校の話題など。読者登録して頂いた方は相互でさせてもらいます。


人気ブログランキング

スポンサーリンク

就職活動をしている方々へのアドバイス -自分が受ける企業の中期経営計画(中計)くらいは読んで考えておきましょう

就職活動って大変ですね。

今は2019年3月の卒業する人たちがインターンに応募したり、企業説明会に行く時期でしょうか?

2018年卒業の人はもう内定式の時期でしょうね。

 

就職活動をする前に、一つ知っておいてもらいたいのは、就職活動をしないといけないと言う時点で、すでにあなたは落ちこぼれだということです。

せっかく大学まで行って勉強する時間と、考える時間をたっぷりもらったのに、結局会社に頼って生きるしか無かったということですから。

 

優秀な人、つまり学生時代に、自分の力で生きる力を身に着けた人は、就職活動なんて必要ありません(趣味でとりあえず就職する人はいるでしょうけれど)。

彼らこそが本当のエリートです。

東大を出て官僚になる人なんて、エリートでもなんでもありません。

勉強がよくできるんだなあ、というだけです。

 

いや俺は商社だ?外資系だ?コンサルだ?

そんなの、会社に頼らずに生きていける力を持つ人から見たら、下町の零細企業と50歩100歩です。

だって、結局他人の作った事業に頼って生きるわけですから。

 

もちろん私も会社に頼るしかなかった落ちこぼれの一人です。

とても後悔しています。

時々悔しくて歯ぎしりするくらい後悔します。

私が学生のころはインターネットが始まったばかりの頃でした。

今よりもはるかにIT関連で事業を立ち上げるチャンスは大きかったんです。

でも、私はなにもできませんでした。

就職してからでも、事業を立ち上げることはできます。

でも、私は仕事が忙しいと言い訳をしながら、現状に流されました。

怠け者だったんです。

そのしわ寄せが今、来ています。

自分の人生は本当にこれで良かったんだろうか。

誰かの事業に乗っかって、会社の支配を受けて生きていくのが本当に良い人生なんだろうか、と。

自分は絶対に悩まない。

良い会社に入ることができれば人生最高だ。

そう言い切れる人は会社で頑張ってください。

会社生活で幸せな人もたくさんいます。

人生は多様ですから。

でも、自分が求める人生がどんなものかは、必ず真剣に考え抜いた方が良いでしょう

就職してからの時間の流れは予想よりもはるかに早いです。

そしてある程度の年齢になると、もう失敗は許されなくなります。

 

 

そんな話はまあ良いとして、就職活動をする方に、僭越ですがアドバイスをしたいと思います。

面接の作法、受け答え、マナー、小論文の書き方、そういうことはインターネットや書籍で山ほど情報があると思いますので、私が言うようなことではないと思います。

私が言いたいのは「自分が受ける会社のホームページ(特に中計)をしっかり読んで、自分なりに考えて、面接での受け答えの中で使えるように準備しておきましょう」と言うことです。

 

会社に入ってくる新入社員を見て私はいつも思います。

うちの会社に入ってきているのに、うちの会社のことをあまり知らない。

 どんな理念を持っていて、どういう計画で動いていて、これからどんな方向を目指しているのか、知らないのです。

もちろん、中で働いている社員の中にもあまり知らない人がたくさんいます。

うちの会社の中計は社内資料で見ることもできますし、インターネットにもある程度は公表されています。

新入社員の人たちはそれもほとんど見ていないのです。

 

逆に言えば、受ける会社の中期経営計画をしっかり読んで、考察して、中計に対する自分の意見を言えれば、面接なんて勝ったも同然です。多分。

 

例えばあなたが伊藤忠商事を受けるとします。

伊藤忠商事のホームページの会社情報の中に(簡略化されていますが)、中計の方針が載っています。

伊藤忠商事の中計によると2017年に4000億円の連結純利益を目指すとのこと。

そのために収益基盤構築ということで3点書かれています。

伊藤忠商事は「非資源分野」の優位性を活かすと言っていますから、今後も資源系には力を入れるつもりは無さそうだ、と言うことがわかります。

それにCITICとの提携を軸にした中国、アジアでの事業基盤確立を一番に持ってきています。

伊藤忠はCPとCITICに会社史上最高額と言われる投資をしています。

社運を賭けているわけです。

そんな背景を無視して、「会社で何がしたい?」と問われて、「自分は中東で石油の取引をしたいです」と言うと、相手は「ん?」と思ってしまうかもしれません。

もし、中国やアジアに興味が無いなんて言うと、あまり採用したいとは思われないかもしれません。

逆に、「御社はCITIC/CPグループとの連携を強化していますが、私も中国、アジアの市場には魅力を感じており、例えば中国でブランドイメージの高い日本の製品を中心に扱う巨大ショッピングモールの経営企画などをしてみたいと思っています」と言えば、なんとなく会社の方針に興味を持ってくれているんだなということが伝わります。

 

日本の企業は今でも「何でもやります」という潜在能力を評価しますので、会社の方針なんて知らなくても多分支障は無いのでしょうけれど、やはり知っておくに越したことは無いですし、逆に他の人との差別化を図るためにも、受ける会社のことはしっかりと調べて、面接の受け答えの中で使えるように準備しておきましょう。

あと、その会社の競合の中計も読んで、対比させながら話すと、なお良いですね。

 

頑張ってください。

f:id:nanamenome:20171007235334j:plain

スポンサーリンク