ななめの目

世の中の色々な事どもを斜め目線から切りつけます。仕事のこと、エホバの証人二世の話題、底辺高校の話題など。読者登録して頂いた方は相互でさせてもらいます。


人気ブログランキング

スポンサーリンク

少しずつ変化すると人は変化に気が付かない -バーコードヘアを笑ってはいけません

やっと金曜日ですね。

毎週のことですが金曜日を持ってくるのがどれほど大変なことか。

一週間にわたる長い長い戦いも金曜日で一時休戦です。

略して一休です。

そう言えば一休さんて、なんでお寺なんか修行してたんでしょうね。

とんちが得意なら、商売でもすれば良いのに。

 

ところでノーベル賞を受賞したカズオ・イシグロさんの「私を離さないで」が再放送されるようです。

とても暗いドラマで、放送当時は不評だったとか。

私も少し見ましたが、本当に暗いです。

綾瀬はるか三浦春馬というゴールデンなキャストにも関わらず、平均視聴率は6.8%とか。

その原因の一つが、第一話の裏番組がラピュタだったせいだとか。

そりゃあバルスには勝てませんわな。

バルスに勝とうと思ったら、「佳子さま緊急婚約会見」くらい持ってこないと無理でしょう。

 

ところで何日か前に行ったカズオ・イシグロ氏の本の「女たちの遠い夏」プレゼントキャンペーンですが、おかげさまで大好評でして、なんと誰一人応募がありません

応募すれば、ほぼ100%当選確実となっています。

www.nanamenome.com

ヤフオクに出せば5000円以上は固い値打ち本なのに・・・。

不人気ブログでプレゼントキャンペーンなんかするもんじゃないということですね。

 

 

ところで、本題ですが、我が家ではオカメインコを飼っています。

こういうひとです。

f:id:nanamenome:20171013214436j:plain

どこ見てるんでしょう・・・。

このひと、顔が白いんです。

真っ白です。

でもうちに来たときは白くなかったんです。

少しずつ毛が生え代わっていつの間にか真っ白になっていました。

でも気が付かなかったんです。

家族の誰一人気が付かなかった。

ある日写真を見て気が付いたんです。

「あれ?昔の写真は顔が白くない!!」

「いつの間に!」

確かに来たときは顔が白くなかった。

そして今は白い。

それはわかるのですが、いつの間に変わったのかがわからない。

写真を見ると確かに少しずつまだらになり変わっているのですが、その間、誰も変わりつつある鳥の顔に気が付かなかった。

 

今でも信じられませんが、人って少しずつ変化するものには気が付かないんです。

以前バラエティ番組で「アハ体験」と称して、画面のどこかが少しずつ変化する動画を見て、どこが変化したか当てるクイズがありました。

今でもyou tube で見ることができます。

あれ、私は全然わかりませんでした。

 

ハゲの人の多くが「まだ自分は大丈夫」と思っている

会社にはハゲの人がたくさんいます。

以前、あるハゲの人が、「俺はあいつより絶対にハゲてない」と豪語しているのを聞きました。

でもその人もあいつも、50歩100歩、目くそ鼻くそ、大同小異、どんぐりの背比べです。

大して変わらないのです。

ていうか、そのレベルだったらどうでも良いだろって思うレベルです。

 

ただ、ハゲって急に髪の毛が無くなるわけじゃないんです。

少しずつ無くなります。

だから、ずいぶんハゲが進んでも、本人は「まだそこまできてない」って感じるんです。

バーコードヘアの人も、最初は「てっぺんが少し薄くなったかな」と思って髪を横に流すところから始まっているんです。

最初はただの7:3分けだったんです。

それが時が進むにつれ、頭頂部の髪がどんどん無くなって、バーコードが出現しただけです。

決して、最初からバーコードになったわけではありません。

だから、本人は意識してそんな髪型にしている訳ではないんです。

だから笑ってはいけません。

私も髪が多い方ではないので、笑ってる場合ではないのですが。

 

それくらい、人間は少しずつの変化には鈍感なんです。

見た目だけの話ではありません。

体調だって、周りの人の態度だって同じです。

少しずつ変化すると気が付かないんです。

例えばあなたの家族だって少しずつ変化していってるかもしれません。

気が付いた時にはもう・・・。

スポンサーリンク