ななめの目

世の中の色々な事どもを斜め目線から切りつけます。仕事のこと、エホバの証人二世の話題、底辺高校の話題など。読者登録して頂いた方は相互でさせてもらいます。


人気ブログランキング

スポンサーリンク

報酬欲しさに丸腰の素人を戦場に誘い込む悪徳ブロガーたち/仮想通貨やFXは素人が手を出すべきものではない

仮想通貨、大いに盛り上がっていますね。

数百円、数千円の価値しかなかった仮想通貨が数十万円になるなど、本当に夢のような話です。

たまたま所有していた人は大儲けですし、後から購入した人も激しい値動きで大きく稼いだ人がたくさんいることでしょう。

私も早い段階で買っておけばと思いました。

思うのですが、できませんでした。

こういうものに早くから目を付けられる人はある種の才能の持ち主です。

ごく一部の人しか目をつけないものだったから、これほどの値上がりが起きたのです。

最初から多くの人に注目されていれば、最初から高値だったでしょうから。

そして、現在の激しい値動きの中で稼げる人は強烈な運や才能を持つ人です。

今から始めようと思う人は、正直止めておいた方が良いと思うのです。

 

以前、リーマンショックが起きる少し前に、FXバブルのような時期がありました。

ブームのように騒がれて、主婦が〇億円稼いだとか、一晩で数百万円稼いだとか、景気の良い話がたくさんありました。

日本の預金金利は本当に少なくて、0.1%とか0.01%とかそんなものです。

100万円を預けておいても、年に数十円とかそんな金利しか付きません。

しかし、円を米ドルやユーロ、オーストラリアドルに替えるだけで金利は3~5%とかになるのです。

そして、FXではスワップと言われる金利が日々もらえます。

例えば1万ドルを所有して、金利3%が付けば、1ドル110円とすると、毎日約90円のスワップがもらえるのです。

しかもFXにはレバレッジというシステムがありました。

1万ドルを買うのに110万円必要だとしても、レバレッジ10倍なら11万円の日本円で1万ドルに変えることができたのです。

当然、スワップも1万ドル相当がもらえます。

11万円で、年間3万円以上に相当する金利が受け取れるのです。

レバレッジが30倍なら、3万円の現金で年利3万円相当の金利になります。

しかも米ドル、ユーロなどは、リーマンショック前、ジリジリと値上がりしていましたので、例えば3万円の資金で1万ドル保有していると、ドルが翌日1ドル110円から111円に値上がりしていて、3万円が一夜で4万円になっていたということが、ごく普通に起きるのです。

 

そんなことに味をしめると、普通の人は当然FXの虜になります。

それは当然ですよね。

だって、1万円を労働で稼ぐためには何時間働かないといけないでしょうか?

それが何もせず、クリック一つで一夜で1万円資金が増えているのです。

しかも数万円の元手で。

「これを100万円でやれば・・・いや全財産をぶち込めば・・・」

少しずつそう考えるようになります。

 

そして、100万円の元手で、30万ドル(3000万円相当)の米ドルを保有したリする人が出てきます。

そうすると、1円円安になれば、一晩で30万円のお金が増えます。

100万円の貯金なら、多くの人が持っていることでしょう。

100万円の元本で30万円の金利を得るためには、一体何年銀行に預けないといけないでしょうか?

金利0.1%だとすると、約260年かかります。

それが一晩で達成されてしまうのです。

 

そして、さらに感覚は狂っていきます。

今度は300万円の元手で、30万ドル(9000万円相当)の米ドルを保有します。すると1円円安になると90万円儲かります

そして、多額のお金をつぎ込む人がどんどん増えてくることになります。

 

プロの環境と素人の環境は短銃と要塞くらいの差がある

仮想通貨にしろ、FXにしろ、儲かっている人がいるということは、相対的に損をする人がいるということになります。

もし仮想通貨が値上がりして儲かったとすれば、それを安い値段で売った人が相対的に損をしたことになります。

FXで米ドルを買って値上がりすれば、打った人が損をしたことになります。

つまり、FXにしとろ、仮想通貨にしろ、もし手を出すとすれば、あなたはお金をかけた戦場に立っていることになるのです。

命よりも大事なお金の奪い合いをするのが、相場の世界です。

そこにはプロもたくさんいます。

プロと言うのは、戦場を仕切っている人、情報を統括する人、高度な兵器を持つ人、そんな人のことです。

例えば、FXなら、ディーラーと呼ばれる証券会社などに勤めながら取引を行う人。これらの人は我々が知りえない情報を知っていたり、手数料なしで取引ができたりします。それだけでも大きなハンデとなります。

さらに最新のコンピューターやソフトを駆使して値動きを予想する人もいます。

 

そんなプロですら値動きを予想できないのが、相場の世界です。

プロですらリーマンショックを予想できないからこそ、「ショック」と言われるくらい突然の大きな値動きが起きるわけです。

 

仮想通貨にしても、来月2倍になっている可能性もありますが、10分の1の価格になっている可能性もあります。

だって、日本なりどこかの国なりが法律やルールを変えれば、仮想通貨の価値は簡単に変動してしまいます

そして、あなたが官僚や大国の要人でもない限り、そんな情報をあらかじめ入手することはできません。

 

そんな相場という戦場において、あなたの武器は何でしょうか?

プロを超えるコンピューターシステムや、有利な取引条件、誰も知りえない裏情報、そんな、あなただけの武器をお持ちでしょうか?

それとも、丸腰で高度な兵器を駆使するプロが戦う戦場に乗り込むのでしょうか?

個人向けの高額な手数料を支払い、情報も無く、時間にも制約があるというハンデを背負いながら、それでもプロとのお金の奪い合いで負けないと思う人は参加すれば良いと思います。

 

もちろんレバレッジをかけずに長期投資として少額を保有するなら、問題は無いでしょう。

しかし、FXや仮想通貨のような劇的な値動きを前にして、さらにはレバレッジというシステムを前にして、誘惑に負けずに手持ち資金の一部だけで運用を続けられる人は多くはないと思うのです。

 

FXや仮想通貨の口座開設のアフィリエイト報酬は破格

そのようなハイリスクで、危険と誘惑に満ちた金融商品を一生懸命おススメしてくる人たちがいます。

アフィリエイターと呼ばれる人や、ブロガーと言われる人たちです。

仮想通貨の口座開設や、FXの口座開設は多額のアフィリエイト報酬が舞い込むからです。

1件契約が成立すれば1万円以上の報酬が得られることもあります。

月に10人の人が口座開設すれば20万円くらいの報酬が入ることもすくなくありません。

こんな効率の良いアフィリエイトは他にそうはありません。

なので、アフィリエイターやブロガーの人たちは、仮想通貨の記事を書き、口座開設のリンクを張って、必死で見ている人を誘い込もうとします。

どうしてこれほどの報酬が発生するのか。

 

たとえば、FXで言うと、1万ドルを買うのに、100円くらいの手数料が発生したとします。

たかが1回100円の手数料で、1万円のアフィリエイト報酬を払って大丈夫か?

そう思うかもしれません。

しかし、先ほど言ったように、少しでもお金が儲かって味をしめると、普通の人はどんどん売買額を上げてしまいます。

これが10万ドル、20万ドルになると、1000円、2000円と価格が上がっていきます。そしてこまめに売買を繰り返すと、100万円の元本で運用している人が、1日で1万円の手数料を払っていたなんてこともザラになります。

10万ドル買うと、1円の値動きで10万円上下するわけですから、1000円の手数料を支払っていても、感覚がマヒして気が付かないのです。

こうして、知らない間に高額な手数料を抜かれます。

業者の方は、口座開設すると多くの人が掛け金を増やして高額な手数料を払ってくれることになるのがわかっているので、業者はアフィリエイターに高額な報酬を支払うことができるのです

その手数料は、長期間取引を続けていると、ボディーブローのように損失として蓄積してきます。

相場でプロに勝つには、この手数料に打ち勝つだけの利益を上げることも必要になります。

 

このような仕組みとリスクを知りながら、高額な報酬を得るために自分を慕ってブログを読んでくれる読者を、危険な世界に誘い込もうとするブロガーやアフィリエイターが後を絶ちません

もちろんしっかりとリスクを説明した上で余剰資金の範囲で始めるように勧めるブロガーもいますが、報酬目的に危険な世界に誘い込んでいることに変わりはありません。

 

これらは本や家電など、普通の商品を薦める行為とは根本的に異なります。

読んでいる人の人生を狂わせるリスクが大きいからです。

FXや仮想通貨投資を、リスクの説明も不十分なままに勧めてくるようなブロガーは、読者の人生を肥やしにして稼ごうとしている訳で、信用できないというのが私の考えです。

その人が見ている方向は読者の方ではなく、自分の預金口座だからです。

f:id:nanamenome:20171017222832j:plain

スポンサーリンク